都内一人暮らしOL 節約のために見直したこと3選

節約

こんにちは、manaです^ ^

今回は、一人暮らしを始めてから節約のために見直したことを大きく3つにまとめてみました。

1人暮らしを始めた当初は、家具や暮らしに必要な日用品、その他の欲しいものなどにどんどんお金を使っていました。

社会人1年目のmana
社会人1年目のmana

服やバッグが欲しいし、美味しいご飯を食べに行きたいし、旅行にも行きたい…!

そのため、社会人2年目の半ばまではほとんど貯金はありませんでした…

ところが、社会人2年目のボーナスなどで貯金が100万円を超えたあたりから、100万円を崩したくないという思いが強くなり、支出を見直すようになりました。

案外、固定費や日々の出費を見直してみると無駄な出費があることに気付きます。

一人暮らしをされている方や、節約に興味がある方はぜひ参考にしてもらえると嬉しいです♩

現状の支出を確認

まずは現状の月々の支出を確認することから始めます。

ついついお金を使ってしまう人は、支出について把握できていない場合が多いのではないでしょうか。

まずは家計簿などを見て月々の支出を書き出してみることをおすすめします。

マネーフォワードなどの家計簿アプリに、クレジットカードや銀行口座を紐づけて確認すると自動で支出を確認することができます。

他にも、支払いを一つのクレジットカードに集約すると、クレジットカードの明細を確認するだけなので楽ですね^ ^

実際に支出額を見てみると給料の額と同等の場合もあり、それでは貯金をしたくてもできないですよね…

ダイエットの際も体重を確認するのと同じで、節約に向けて現状を確認することがとても大切です。

固定費の見直し

月々の支出を確認したら、その中から「固定費」に該当する項目をピックアップします。

固定費とは毎月固定でかかる費用のことで、下記のものがあげられます。

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 保険料
  • サブスク代

固定費を見直すだけでも、月々の支出を抑えることができるため、まずは固定費から見直しを始めてみことをおすすめします。

家賃

月々の支出の中でも最も大きな部分を占めるのが家賃です。

引越ししたばかりだと難しいですが、もし可能であれば、家賃がより低い物件への引越しを検討しても良いですね。

一人暮らしを始めると、物件に求める条件が分かってくるため、家賃の低いエリアや広さを抑えた物件などを選ぶと家賃を下げることが可能です。

水道光熱費

次に月々の水道、電気、ガス代について見直ししてみます。

水道

水道は指定の水道局へ契約しているので、契約プランを変更することはできませんが、水の使用量に関しては改めて確認してみることをおすすめします。

必要以上に水を使っている場合は、節水することで水道料金を下げることが可能です。

ちなみに節水シャワーヘッドを使うことで数パーセントの節水効果にもつながります。
(私はふるさと納税でゲットしました↓)


電気

電気に関しては自由に電力会社を選ぶことができるため、現在の電気の使用量や契約プランを見直してみることをおすすめします。

下記のような電力会社の比較シミュレーションサイトを使うとより簡単に契約プランを比較検討できます。

最近電気代も高騰しているので、少しでも金額を抑えられると家計も助かりますね…

もちろん、無駄な電気は使わないなどの節電も良いですが、電気代に対してあまり大きな影響がないため、契約プランの見直しだけでも十分だと思います。

ガス

ガスに関しても電気と同様に、比較シミュレーションサイトを使って自分の生活に適した契約プランを確認してみることをおすすめします。

電気とガスをセットで契約することでお得になる場合もあるので、ぜひチェックしてみてください。

また、都市ガス以外の物件にお住まいの方は、都市ガスの物件に引っ越すだけでも、ガス代を大きく下げることが可能です。

通信費

次にスマホやWi-Fiなどの通信費です。

通信費も格安SIMを使う等で、場合によっては支出を大きく下げることができます。

ちなみに私は、楽天モバイルの「楽天最強プラン」で2,980円/月でデータ無制限で利用しています。

上記のプランはパソコンもテザリングで利用可能なため、Wi-Fiの契約はしていません。

もし、3代キャリアを使用して契約額が大きくなっていたり、余分にWi-Fiを契約している場合は見直してみることをおすすめします。

保険料

次に保険料です。

社会人になると、なんとなく保険に入った方が良いという考えで、保険を契約されている方も多いのではないでしょうか。

日本は公的保険が充実しており、中でも高額医療費制度によって治療費の上限が決まっています。

”高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、ひと月(月の初め
から終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。”

https://www.mhlw.go.jp/content/000333279.pdf

そのため、ある程度貯金がある場合は、むやみに保険に入る必要がないと考えています。

何かあったときに多額の費用が必要になる火災保険や自動車保険、家族がいらっしゃる方は生命保険などは公的なものがないため、必要に応じて加入すると良いですね。

ちなみに私は火災保険のみ、お金を払っています。

クレジットカードの自動付帯でスマホプロテクションの保険にも加入していますが、こちらは無料です。

サブスク代

最後に、忘れがちなサブスク代です。

最近はあらゆるサービスでサブスクのプランが売り出されているため、利用している方も多いのではないでしょうか。

一度契約すると解約しない限り、毎月引き落とされていくので、定期的な見直しが必要です。

まずは、自分が利用しているサブスクを書き出してみて、本当に必要なものか改めて考えてみることをおすすめします。

私の場合は必要性を吟味した結果、下記のサービスに絞っています。

以前はKindleやSpotify、ピラティスジムの会員などにも払っていましたが、利用頻度を考えた結果、解約しました。

サブスクは一見お得に見えて、実は都度払いをした方が安く済むケースもあるので、自分のライフスタイルにあったサービスを選ぶようにしたいですね^ ^

食費の見直し

固定費見直しの次は食費の見直しをします。

もちろん「食費にはお金を使いたい」といった価値観をお持ちの方は、特に見直しをする必要はないです。

もし、「少しでも節約をしたい」「食費にお金をかけすぎている」と感じている方は、ぜひ見直ししてみることをおすすめします。

どれくらいの頻度」で「何円程度」食費に使っているのかを整理してみると、案外使いすぎている場合があることに気づきます。

私の場合は、週に1度、スーパーでまとめ買いをしているのですが、その他にカフェに行く頻度が多く、余計にお金を使っていたことに気づきました。

そのため、カフェに行く頻度を抑えて、おうちカフェの回数を増やすようことで支出が減ったと感じています。

また、外食に関しても、一度の支出が大きくなる傾向にあるので、本当に行きたい飲み会に厳選したり、なるべくディナーではなくランチにしたりすることで、支出を抑えるようにしています。

もちろん、大切な人との食事は自分にとって必要なので、惜しみなくお金を使うようにして、メリハリを意識しています^ ^

食事は支出を削り過ぎると健康を害してしまうこともあるため、無駄なところを削る感じで、支出を抑えてられると良いですね♩

参考:残ったお金の使い道について

支出を見直してみると無駄な支出が削られ、結果、お金が残ってくることと思います。

しかし、せっかく支出を見直しても、余計な買い物や浪費に使ってしまうと意味がありません。

(もちろん自分が幸せに感じることにお金を使う場合は良いと思います)

そのため、支出を見直して浮いたお金は、貯金用口座に移すか、NISAやiDeCoといった非課税制度を活用して投資信託の購入に充てることをおすすめします。

ちなみに投資信託の購入は少額からでも可能です。

浮いたお金を貯金や投資に回すことで、節約のモチベーションも上がると思うので、まだやっていない方はこの機に始めてみるのも良いですね^ ^

私も貯金用口座や、NISA、iDeCo、その他にも特定口座で投資信託を購入して、節約で浮いたお金は資産の積み上げに回すように意識しています。

さいごに

今回は私が一人暮らしで節約のために見直したことを3つまとめてみました。

下記の順番で見直していくことで、支出がスリムになって家計にも余裕が出てくることと思います。

  1. 現状の支出の把握
  2. 固定費の見直し
  3. 食費の見直し

ただし、あまり無理して支出を削ると、暮らしの満足度低下にもつながるため、自分にとって大切なことを明確にしたり、優先順位をつけたりしてバランスをとることも重要です。

少ないお金で心地よく暮らせると、貯金や投資にもお金を回せるようになると思うので、ぜひ参考にしてみてください^ ^

他にも一人暮らしやお金に関する記事を書いているので、よかったら見てみてください♩

日々の小さな幸せを感じる土台作りとして"暮らしとお金周りを整える方法" について発信中

◻︎都内一人暮らしの25歳OL
◻︎ミニマルで心地よい暮らしが好き
◻︎「20代で資産1000万円」を目標にお金について勉強中

manaをフォローする
節約
シェアする
manaをフォローする
mana-miniroom
タイトルとURLをコピーしました